「自動削除しない」に設定されている場合、自動出品が停止することが有ります。

%e3%83%90%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%81%ae%e5%89%8a%e9%99%a4%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b3%e3%83%b3

自動出品がうまく行われない原因の一つに、
自動削除設定が関係していることが有ります。

メルポートでは在庫がある商品のみ自動出品が行われます。
在庫分すべての出品が行われた場合は、
出品済みの商品を削除しない限り、
空売り防止のため自動出品は停止します。

「自動削除しない」設定では在庫分の出品後に自動再出品が停止します

メルポートでは、
設定された在庫数以上に出品が行われそうになると自動出品が停止します。

例えば、在庫設定が1の商品があるとします。
その商品が出品中の場合は、この商品を削除しない限り自動出品は行われません。
※削除せずに出品してしまうと「出品中」に2つ同じ商品が存在し、空売りの可能性が発生するためです。

2016-11-22_10h40_16

仮に在庫商品の全てが在庫1で、自動削除設定が「削除しない」で設定されているとすると、
多くの商品で自動削除が行われず、空売り防止のために自動再出品が全く行われなくなります。

また、
在庫が1個より多い場合でも同じで、
在庫数の出品が行われた後に停止することになります。

※在庫が5個であれば、5回出品が行われた後に停止。
10個であれば、10回出品が行われた後に停止。

自動削除機能を動作させれば在庫数に関係なく自動再出品されます

2016-11-22_11h01_02

出品リストで自動削除の設定を
「自動削除する」もしくは「コメントのない商品」へ設定すると自動削除が動作します。

この設定の場合は、再出品直前に出品中の商品が自動削除され、
在庫が1以上の商品であれば自動再出品が行われるようになります。

メルポートで自動再出品が行われない場合は「自動削除」が機能しているかも確認してみて下さい。

参考記事
自動削除のタイミング
自動削除の一括設定について