一括出品でエラーになってしまうときは

emergency-brake-1053741_640

一括出品をする際にエラーが起き、出品できない時は下記を確認してください。

zipファイルの中にcsv・画像以外が含まれているケース

正しくアップロードができるzipファイルは、
zipフォルダを開くと直接csvファイル・画像が含まれた階層に移るものです。

正しいファイルの例

1

このようなファイルを作るためには、
フォルダをzip化する際にcsvと画像を選択し、圧縮を行います。

2

エラーになるファイルの例

逆に、zipフォルダの中にさらにフォルダがある場合は出品エラーが発生します。
[zipフォルダ→フォルダ→csv・画像] といった並びになっているとアップロード時にエラーが発生します。

3
zipフォルダの作成時にcsv・画像を選択・圧縮するのではなく、
それらを格納したフォルダを圧縮してしまうとこのようなファイルになります。

5

 

csvファイルを編集した時の削除方法が原因のケース

csvファイルを編集中に項目を削除する際に、
データ上は削除されず、csvに残っている場合があります。

通常の「Backspace」や「Delete」でデータを削除した場合に
このエラーが起こることがあります。

出品失敗した際にメルポートに表示されるエラーメッセージが
csvで入力していない行についての場合はこのケースの可能性があります。
この場合は、該当する行を「行ごと削除」することで解決することがあります。

4

ファイル容量が大きく、作業中にタイムアウトが起きるケース

メルポートの一括出品用フォルダのアップロード上限容量は200MBまでとなります。

ファイルの容量が大きくなると、アップロード作業にも時間がかかるため、
作業中にタイムアウトが発生して出品できないことがあります。

「成功」「エラー」などのメッセージが表示される事無く
出品作業が終わってしまう場合はこの可能性が考えられます。

このケースでは
ファイルを複数に分けて一つあたりのファイル容量を軽くし
それぞれアップロードすることで出品できます。