配送ラベルを印刷する

typewriter-1209140_640

2016.08.18追記しました
2017.03.09追記しました(商品ID出力廃止/SKU出力実装)

メルカリで多くの商品を出品・販売する際に
発送先の住所氏名を手書きすることは大きな手間となりますが、
メルポートでは配送ラベルをまとめて印刷することができます。

この方法では配送ラベルは画像ファイルとして出力されます。
データ(Excel)でダウンロードする場合はこちらをご覧ください。

配送ラベルを出力する

24

出品した商品→発送待ち

発送待ちの画面から、ラベルを出力したい取引にチェックを入れます。
「配送ラベル出力」ボタンを押すと、
選択した取引の配送ラベルの入ったzipフォルダがダウンロードされます。

8

「配送ラベル出力」のzipフォルダを解凍します。
ラベルは画像ファイル(.jpg)として出力されています。

9

A4の形式で出力されていますので、
印刷する際は用紙設定はA4とします。

端の方が印刷から切れてしまうときは、
以下項目のチェックを外すとうまくいくことがあります。
※プリンターの種類など環境により異なります。

10

ラベルに出力する項目の選択

郵便番号・住所・氏名のほかに発送ラベルに出力する項目を選択することができます。

2017-03-09_14h08_59

上記のプルダウンから、「商品名」「商品ID」「しない」のいずれかを選択し、
ラベルを出力します。

商品名

3

「商品名」を選択すると、〒・住所・氏名のほかに商品名がラベルに出力されます。

発送する商品の種類が多い場合は、このままピッキングリストとして使用することもできます。
商品を封入する際にも、商品名が確認できるので誤入が起こりにくくなります。

一方で、開封することなく何が封入されているのかが分かってしまいますので、
受け取るお客様や取り扱う商品のジャンルなどによっては注意が必要です。

SKU

3d286c066077720590e492e614c
「SKU」を選択すると、郵便番号・住所・氏名のほかにSKUがラベルに出力されます。

SKUはメルポートの出品リストで登録・確認ができます。

2017-03-08_18h01_24

SKUを登録する出品リストの画面

出品リストで登録したSKUがラベルに出力されます。

SKUを出力したラベルを使えば、
商品名を記載することなく封入時の確認や商品の照合が行いやすくなります。

このままお客様に送っても、
商品名の記載はないのでトラブルが起こりにくいです。

SKU機能について

しない

7

「しない」を選択すると、郵便番号・住所・氏名のみがラベルに出力されます。

印字開始位置の指定

メルポートではラベル用紙の無駄をなくすため、
印字開始場所を指定する機能が搭載されています。

1

「配送ラベル出力」の右側に数字を指定する窓があります。
ここに数字を入力するだけで、印字開始位置の設定完了です。

数字に対応する印字開始位置の表は以下となります。

25

仮に、5の位置まで使用したラベルシートの場合は、6を指定すればOKです。
使いかけのラベルシートにも使用できますので、無駄をなくすことができます。

配送ラベルを使うメリット

配送ラベルを使用することのメリットは手間の削減だけではありません。

住所・氏名の記入ミスをなくせる

発送先を手書きする際は、記入ミスが発生する可能性があります。
また、発送してしまえば記録が残らないため、
「商品が届かない」といった問い合わせがあった際には
出品者側の記入ミスを原因の一つとして検討しなくてはならなくなります。
また、記入したラベルを都度撮影して記録を残す、
といったことは個人情報保護の観点から好ましくありません。

ラベルを印字すれば、間違いなく購入者の登録した住所が記載されますので安心です。

発送漏れをなくせる

発送作業の時、多くの商品を一度に扱っていると、
ラベルそのものを記入し忘れ、発送漏れが起こる可能性があります。
同じ商品であったり、似た住所で記入したつもりになったり、
といった事が多くの商品を扱っていると起こりえます。
発送前にそれぞれの商品の確認作業を行うことも大きな手間となります。

ラベルを一括で出力すれば、ラベルの記入漏れは起こりません。
また、梱包作業をし忘れてもラベルシートには記入済みのラベルが残るので
一目で作業漏れが起きていることがわかります。
ラベルに残りが出ないように作業を行えば間違いがなく、確認作業も不要です。

ピッキングリストとして使用できる

発送先の住所と一緒に商品名やSKUを出力しておけば、
印刷したラベルを見ながらピッキングを行うことができます。

商品数が多い場合などでも別途リストを作る必要はありません。

ラベルに商品名が併記されるため、プライバシーが気になる場合でも、
商品名ではなくSKUを出力する事で問題なくラベル出力が行えます。

 

このように一括印刷したラベルで発送を管理すれば、
発送に関する手間と不安材料をなくすことができます。