一括で出品する

empty-791670_640

メルポートを使って複数の商品を一括で出品する方法です。
単品で商品を出品する方法はコチラ

一括で商品を登録するには、まずエクセルで商品データのCSVファイルを作成します。
その後、メルポートからファイルをアップロードするといった手順となります。

テンプレートをダウンロードする

まずは、データ登録用ファイルのテンプレートをダウンロードします。
一度ダウンロードしておけば、ファイルをコピーして使いまわせます。

2017-03-09_15h20_10

出品管理→商品一括登録→出品テンプレートボタン

商品一括登録の画面にある、「出品テンプレート」ボタンを押します。
ファイルのダウンロードが始まります。

zipファイルのダウンロード場所

ファイルのダウンロード場所は設定により異なります

「templete」という名前のzipファイルがダウンロードされました。
このzipファイルを解凍します。

zipファイルの解凍方法

「template」ファイル上で右クリックし、「すべて展開」を選びます。

テンプレートの展開先

展開先を「参照」からデスクトップに指定すると場所がわかりやすく楽です。

「圧縮(ZIP形式)フォルダーの展開」という操作画面に移りますので、
展開先を確認・選択して「展開」をクリックします。

ダウンロードされたテンプレート

「template」ファイルが保存されています。
これを開きます。

templateフォルダを開いたところ

「item」と「product_template」の2種類のファイルがあります。

2つのファイルがダウンロードされました。
・「item」ファイルが一括出品に使うCSVファイルです。こちらに記入・アップロードします。
・「product_template」は入力用のコードなどが記載された参考ファイルです。

これで一括出品に必要なテンプレートのダウンロード完了です。

一括出品データ作成

ダウンロードしたテンプレートをもとに一括出品用のデータを作ります。
全部で15個の項目について、2行目以降に情報の記入やコードの入力を行います。

テンプレートの入力方法一覧

テンプレートです。コード入力する項目と記入する項目があります。

商品名・SKU・商品説明を入力

商品名と商品の説明を入力します。

2017-03-09_15h26_02

SKUは入力必須ではありません。出品完了後に追加することもできます。

カテゴリ

カテゴリを選択し、コードで入力します。
コードはダウンロード済みのproduct_templateファイルのカテゴリタブを参照します。

※「家庭用ゲーム本体」を例にコードを調べます。

カテゴリタブを開く

カテゴリタブから、エンタメ・ホビーの行の+マークを押します。

エンタメ・ホビーカテゴリーの一覧

エンタメ・ホビーカテゴリーまで進みました。

テレビゲームカテゴリー一覧

E列でテレビゲームのカテゴリーまで進みます。

「家庭用ゲーム本体」カテゴリーまでたどり着きました。
赤丸で囲った、F列の701が使用するコードになります。

サイズ

アパレル品や靴など、サイズを選択する商品を出品する時はコードを入力します。
product_templateファイルの「その他」タブのE列がコードになります。

サイズのコードの場所

ブランド

ブランドもコード入力します。
product_templateファイルの「ブランド」タブのA列がコードになります。

ブランドのコードの場所

ブランドはカタカナ・数字で表記されています。

見つからない時は、検索機能を使ってみてください。

検索機能の使いかた

エクセル画面右上にある「検索と選択」を利用します。

検索窓

検索する文字列に入力し、検索します。

※必要なブランド名がテンプレートに見つからない場合はメルポートサポートまでお問い合わせください。

商品の状態

商品の状態をコードで入力します。
product_templateファイルの「その他」タブのA列がコードになります。

商品の状態の一覧

商品画像のファイル名を記入

商品の画像を最大4枚登録します。
商品データの作成では、使用する画像のファイル名を記入するだけでOKです。
ファイル名には「半角英数字」をご使用ください。
(漢字・カタカナ等の場合は出品時にエラーが発生することがあります。)
拡張子の漏れ・間違いに注意してください。

※商品の画像は同じフォルダに格納しアップロードを行います。
(本記事の「商品データのアップロード」の項目参照)

ファイルの詳細

名前と拡張子の種類を確認します。

ファイル名を確認

記入するファイル名は、2507_1.jpgとなります。

配送料の負担・配送方法・発送元の地域・発送までの日付

すべてコードで入力します。
product_templateファイルの「その他」タブに一覧があります。

配送料の負担:I列
配送方法:L列
発送元の地域:P列
発送までの日付:S列

それぞれ、以上の列のコードを入力します。

配送料の負担などのコード一覧

商品価格・在庫数・仕入れ価格・送料

すべて金額や数を数字で入力します。
メルカリに反映されるのは商品価格のみです。
そのほかの項目は、メルポート独自の売上管理機能や在庫管理機能に利用されます。

商品価格などの入力場所

以上が一括出品データ作成の手順です。
「ブランド」や「カテゴリー」はメルカリアプリの仕様変更により
追加や削除が行われる場合があります。
これらの変更が行われた際は最新のコード表をアップいたします。

一括出品データのアップロード

一括出品データの作成が終わったら、データをまとめてZIP化し、メルポートにアップロードします。

手順は、

一括出品データと出品商品の画像を準備

データと画像を圧縮し、zipファイルにする

メルポートにアップロードする

以上のようになります。

出品データと画像を準備する

一括出品データのアップロード時には
CSVファイルと、使用する商品画像をまとめたzipファイルを使用します。

画像の格納漏れを防ぐためにも
専用のフォルダを作成し、一度そこにCSVデータと商品画像をすべて格納することを
お勧めします。
方法は以下の通りです。

まず、一括出品用のフォルダを作成します。
このフォルダには、
「一括出品用CSVデータ」と
「使用する画像」
を格納します。
一括出品用データの作成時に商品画像の画像タイトルを入力しましたが、
その画像をフォルダにまとめます。

一括出品用のフォルダ例

一括出品用のフォルダ例

上記の例は「2枚の画像を使用する商品」「4枚の画像を使用する商品」
計2種類を出品するときのフォルダの中身です。
・CSVファイル×1
・画像データ×6
が格納されています。

CSVと画像を選択してzip形式で圧縮する

フォルダにCSVファイルと画像が格納できたら、zipフォルダを作成します。
zipフォルダ作成時は、CSVと商品画像を直接選択して、作成してください。

フォルダをzip化すると出品時にエラーが起きる可能性があります。

下記の手順でzipフォルダを作成します。

zip形式化のやり方

画像・CSVファイルをすべて選択して右クリック→送る→圧縮(zip形式)フォルダー

zip化したフォルダの画像

上のフォルダがzip形式に圧縮されたフォルダです

zipフォルダをメルポートにアップロードする

zip形式に圧縮されたフォルダをメルポートにアップロードします。

出品管理→商品一括登録→商品データのアップロード

出品管理→商品一括登録→商品データのアップロード

商品データのアップロード画面で、「ファイルを選択」を押します。

データを開く

種類が「圧縮(zip形式)フォルダー」となっています。

先ほど準備した圧縮フォルダを選び、「開く」を押します。

フォルダ名が反映されている

フォルダの名前が反映されました

続いて、アップロード形式を選択します。

アップロード形式の選択

「商品データを全て入れ替える」と「商品データを追加する」の2種類

二種類のアップロード形式には下記のような違いがあります。

商品データを全て入れ替える

出品済みの商品データが消え
新しく登録するデータに上書きされます。

商品データを追加

出品済みの商品データに登録するデータが追加されていきます。

アップロードボタンの場所

アップロードボタンを押せば出品完了となります。

お疲れ様でした。
以上で商品の一括出品完了です。