リサーチする

woman-213723_640

商品の市場価格や他のユーザーの出品物について調べることができます。
価格設定や新たな商品の仕入れに役立てることができます。

市場価格を調べる

商品の市場価格はAmazonやモノレートを利用して調べることができます。
メルポートはこの作業をワンクリックで行うことができます。

1

出品した商品→出品中

出品中の商品一覧の画面で、商品名の下に表示されている
「Amazonで見る」「モノレートで見る」がリンクになっています。
商品名がコピーされ、それぞれのサイトで検索した状態でブラウザが立ち上がります。

Amazonの例

Amazonで見る窓

「Amazonで見る」をクリックした場合、
このように商品名がコピーされ検索されます。

Amazonで見る候補

検索結果に、出品している商品が表示されています。
ワンクリックでAmazonの価格を確認することができます。

モノレートの例

モノレート(旧 Amashow)はAmazonのランキング、販売価格帯、出品者数などの
データを確認するためのサイトです。
Amazonの市場動向から、仕入れや販売といった作業の基準となる情報を得ることができます。

2

Amazon同様に商品名をコピーして検索します

モノレートで検索するときに一つ問題があります。
上の画像のように、商品名にいくつか付随情報が記載されていると
検索にヒットしないケースがあります。
Amazonの場合は、検索ワードから単語を抜き出して、
関連商品としてヒットすることがほとんどですが、
モノレートは現状そのような機能を備えていません。

3

商品名後半の型番を消して再検索しました

このように、少し情報を削ると商品がヒットします。
多少手間ですが、モノレートのサイトを立ち上げて、コピペして、検索、
といった一連の作業よりは早くできます。

単に商品価格を知りたい、といった場合はAmazonのリンクを利用すると良いかもしれません。
一方で、相場や価格変動といった詳細な情報が必要な時はモノレートをつかうなど、
目的に応じて使い分けてみてください。

他のユーザーが出品中の商品を調査

他の出品者の中に、写真の特徴や出品内容から同業者だと思われる人を見つけることがあります。
そういった出品者の商品情報を見ると、自らの仕入れ・販売の参考になることがあります。

スマホアプリでは、出品者ページから商品一覧を都度開かないと詳しい情報がわかりません。
メルポートでは他のユーザーの、価格・商品説明などの基本情報はもちろんのこと、
いいね数や出品日時といった詳細な情報をまとめて確認することができます。

4

出品管理→出品商品出力

出品出力画面で出品者のIDを入力し、出力します。

出品者IDの調べ方

気になる商品が見つかったら、出品者のマイページに移動します。

5

出品者名をおします。

7

マイページに移りました。

赤丸で囲った、マイページのURLの末尾の九桁の数字がIDになります。

出力される情報

出品情報はエクセルのファイルとして出力されます。

8

出品情報がこのように一覧になります。
タイトルや商品情報などの情報が一度に確認できます。
出品者のマイページでクリックを繰り返す必要もなくなります。